Watchの次はネイル? MITがネイルチップ型のウェアラブルデバイスを開発

ウェアラブルすぎる。

例えばお料理中、スマホを触りたいけど両手がふさがってるってとき、けっこうありますよね。そんなときはタッチススクリーンに触るどころか、ちょっとした動作も難しい。ところが、MITが開発した最新のインプットデバイスでは、なんとトラックパッドが親指の爪に貼付けられるらしいんです。これなら身動き取れないときでも使えるかも?

デバイスの名前はNailO。見た目は、女の子がオシャレでよくつけるネイルチップみたい。でもただのオシャレで終わらせるのはもったいない。これは、MITのMedia Labによって開発された多重構造デバイスで、バッテリー、電気回路、容量センサー、カバー部分からできています。ネイルをタッチすると、その情報がBluetoothを通してスマホやPCに送られる仕組みです。

NailOはいくつかのジェスチャーを識別することができて、ネイル表面をなでれば離れたところにあるPCの画面がスクロールできたりします。実際の使用イメージは下の動画をご覧ください。しかも驚いたのが、スクロールだけじゃなくて文字入力もできるらしいですよ! …かなり根気がいりそうだけど。なのでまあ想像するに、文字入力とかの細かい作業に使うというよりは、「お料理中に両手がおたまと菜箸でふさがってるけどタブレットでレシピを見たい。そうだNailOで画面をスクロールしよう」ってな感じで簡単な動作をパッとしたいときに一番活躍してくれるのではないでしょうか。

テスト段階では、5種類のジェスチャーを識別できたらしく、しかもCNETが伝えるには、その正確性は92パーセントにまでのぼるとか。まだまだ実用化まではいかないらしいですが、だんだん近づいてきてはいるようです。とはいえこれだけ操作できる範囲が小さいと誤作動も多そう。その点について開発チームは、ジェスチャーを切り替えるときは、ネイルを2秒間長押しするといった条件を付けることで誤作動を回避できるとも言っています。

でも当然のことながら、まだまだ改善すべきポイントはたくさんあります。アンテナとプロセッサをここまで近接させた構造は難しい上に、ネイルほど小さくて十分な駆動力を持つバッテリーを見つけるのもかなり困難。でも彼らはこのコンセプトを変更する気は全くないようです。

NailOは今月ソウルで行われているCHI 2015のHuman-Computer Interaction分野で発表されるらしいですよ。身体の一部分として取り付けられるウェアラブルデバイスとして実用化なるか? 今後に注目ですね。

source: MIT and CNET

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(SHIORI)