iOS 8.3の新絵文字、肌色が選べてどう変わった?

iOS 8.3の新絵文字、肌色が選べてどう変わった? 1

表現の幅が広がる一方、旧バージョンとの互換性問題も。

アップデートが公開されたiOS 8.3、もう使っている人はお気づきでしょうか。前から話題にはなっていましたが、絵文字が大幅にアップデートされたんです。特に人物の選択肢が増えて、今やウェス・アンダーソンの映画だって再現できそうなくらい、いろんな人を表現できるようになりました。

iOS 8.3でアップデートされた絵文字は、既存のもののデザイン変更(たとえば踊る女の子たちがプレイボーイのバニーみたいになってる)もあれば、新規の追加分(国旗の種類が増えたり、そしてもちろんApple Watchが加わったり)もあります。絵文字の種類を選ぶインターフェースも改善されました。絵文字キーボードは、今まではひとつのカテゴリで最後までスクロールするとそれまでだったのが、今は次のカテゴリにシームレスに移動するようになりました。またアイコンでのカテゴリ分類も、たとえばハンバーガーのアイコンで食べ物・飲み物を示すなど、よりわかりやすくなりました。

iOS 8.3の新絵文字、肌色が選べてどう変わった? 2

そして一番注目されているのが、人物の肌色(スキントーン)を選べることです。ひとつの顔を選択すると、肌色の選択肢5種類+レゴのミニフィグみたいな黄色の顔が表示されます。家族を表す絵文字にも、いわゆる「政治的に正しい」選択肢が用意されています。つまり男性と女性の夫婦による家族だけでなく、男性同士、女性同士カップルの家族も選べます。また子どもの数はひとりかふたりか、その性別は男男か男女か女女か、と細かく指定できます。子どもが3人いたらどうするとか、きりがない感じはします。ちなみに家族の絵文字では、肌色はみんなレゴ的な黄色です。

バリエーションの広がった絵文字ですが、ちょっと注意点があります。まだiOS 8.3にアップデートしていない人や、そもそもiPhoneを使っていない人に新しい絵文字を送ると、絵文字の顔の横に黒枠入り宇宙人みたいなものが表示されたりします。下の画像右側はiOS 8.3から入力したもの、左側はそれをiOS 8.3じゃない端末で受け取ったものです。

iOS 8.3の新絵文字、肌色が選べてどう変わった? 3

また人の肌色をいちいち考えて指定するのは、正直微妙な心持ちでもあります。が、選択肢が増えた分、今まで絵文字では表現できなかったことが表せるようになったのは嬉しいことです。たとえば…。

iOS 8.3の新絵文字、肌色が選べてどう変わった? 4

「アップルウォッチ・レビュー」とか、

iOS 8.3の新絵文字、肌色が選べてどう変わった? 5

「カナダって最悪」とか、

iOS 8.3の新絵文字、肌色が選べてどう変わった? 6

「デニス・ロッドマンて、北朝鮮に行ってたよね」とか(ちなみに他の顔だと肌色が違うと髪色も変わるんですが、この短髪男性だけなぜか全肌色で金髪)、

iOS 8.3の新絵文字、肌色が選べてどう変わった? 7

「サンフランシスコのミッション地区、1960年から現在までの変化」とか。

iOS 8.3にアップデートしたら、使えそうな絵文字がないかどうかチェックしてみてください。

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(miho)