中国バイバイ…次期iPhoneの製造拠点はインドへ移行か

2015.04.20 07:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

121018foxconn.jpg


脱メイド・イン・チャイナ?

一部の純国産の電気製品を除くと、パソコンからスマートフォン、タブレットにいたるまで、ボクらが使う大半の電子機器は中国製というのが現状です。メイド・イン・ジャパンにこだわりたくても、安い中国の労働力には勝てない……。そういわれて久しいものの、最近では人件費の高騰などもあって、中国から撤退する企業の動きも伝えられていますよね。

驚くべきことに、iPhoneやiPadの製造を請け負うフォックスコン(鴻海精密工業)は、このほど中国からインドへのシフトを計画中。あくまでも噂の段階に過ぎないものの、Economic Timesに対して匿名の関係者が語ったところでは、すでに大規模な新工場の建設準備が着々と進んでいるそうですよ。

実はフォックスコンは、これまでもノキアの携帯電話の製造を、インド南部のチェンナイやバンガロールで請け負ってきました。しかしながら、ノキアの携帯電話事業の不振から、今年2月にはインドでのEMS (電子機器受託生産)業務を完全に撤退。とはいえ、インドで培われた電子機器製造のノウハウを活かすべく、大規模なアップル製品の生産体制を築く形で、再びインド市場に参入するのかもしれません。

なお、新たなフォックスコンの製造工場は、前回と大きく場所を変えて、北部のグジャラート州およびウッタルプラデーシュ州のノイダに立ち上げられる予定と伝えられています。さらに、この二大生産拠点に加えて、南部のアーンドラ・プラデーシュ州の工業団地Sri Cityには、新製品の研究開発を専門的に請け負う研究所が設置されるプランまで打ち出されているんだとか。

フォックスコンが中国からインドへ完全にシフトするのは、まだ先の話になるでしょう。とはいえ、インドでの製造体制が軌道に乗れば、より安い労働力を活用した生産コストの低下にも期待できるかもしれません。折しもインドでは、より多くのメーカーを国内に招致すべく「Make in India」というキャンペーンまで掲げられています。

アップルにとっては、インドで圧倒的なシェアを占めるAndroidスマートフォンに対して、これからiPhoneの普及を図っていくうえで、大きな一歩ともなりそうですよね~。


source: Economic Times

(湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【2枚パック】【ShineZone】Apple Watch 38mm 専用強化ガラスフィルム 0.3mm 超薄型.表面硬度9H・飛散防止処理・ 気泡防止・高光沢 ・耐衝撃 保護シール
  • ShineZone.JP
  • Navitech London Apple Watch 用チャージャースタンド/チャージドック/充電スタンド (ウッド茶)
  • Navitech
・関連メディア