KORGチューナー40周年記念は缶詰です。繰り返します、缶詰です

KORGチューナー40周年記念は缶詰です。繰り返します、缶詰です 1

缶詰です

ギターやベースのチューナーって進化しましたよね。昔は音叉ピッチ笛を使ってチューニングをするのが一般的でした。440HzのAの音を頼りにチューニングするわけです。音叉を机やひざなどで叩いて震わせてから、耳に近づけたり、ギターのボディーに当てたり、口に加えたりして音を確かめながら、ギターなら5弦の開放で合わせて、そこから各弦を調整していくわけです。

このとき、5弦開放よりも5弦12フレットのハーモニックスで合わせたほうがわかりやすいということを聞いて、ハーモニックスを練習したりしたもんです(なんか順番違うような気もしますが)。しかし、慣れないとなかなか合わないんですよね。チューニングしてて音がよくわからなくなって、巻きすぎて弦切っちゃったりとかよくしてましたよ。

エレキギターなら、コンパクトタイプのクロマチックチューナーなどがありますから、視覚的に確認しながらチューニングできますけど、いちいちチューナーとギターを接続しなければいけないのが面倒でした。

最近は、クリップ式のチューナーというものがありまして。ギターのヘッドに着けておけば弦の振動を拾ってその音を視覚的に表示してくれます、正直、チューニングの大革命ですよ。特にアコースティックギターのチューニングが、より速くより正確にできるようになったのは、ありがたいことです。

で、本題。チューナーを多数発売しているKORGがチューナー発売40周年を迎えました。おめでとうございます。

その40周年を記念して、缶詰が発売されます。その名も「チューナー缶」です。中身は何かといいますと、チューナーです。パッケージに魚が見えますが、どうやら「ツナ缶」とかけたダジャレのようです。もう一度言います、ダジャレのようです!

KORGチューナー40周年記念は缶詰です。繰り返します、缶詰です 2

中身は、3Dのビジュアルが未来的な「Sledgehammer Pro」と、カラフルな「Pitchclip」となっています。Sledgehammer Proかっこいいなー

バンドマンの彼にプレゼント、なんていうのもいいかもしれませんね。でも、本物のツナ缶と間違えられないようにしましょう。

source: KORG

(三浦一紀)