小型ロボットから自動ふりかけ3Dプリンターまでいろいろ展示中、ニコニコ学会β #ニコニコ超会議2015

20150425_niconico_gakkai1.jpg

ユーザー参加型研究の世界を実現するニコニコ学会βのエリアでは今年もさまざまな研究が展示されていました。

上の写真のロボットは、ヒューマノイドロボット「PLEN2」。

オープンソースのロボットで、ボディなどの主要部品は3Dプリンターで出力可能です。

2足歩行ができるかわいいロボットです。クラウドファンディングで目標金額達成、製品化が決定したとのこと。

スマートフォンで操作できて、ボールを蹴ることだってできました。

国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の超電導コースター

20150425_niconico_gakkai4.jpg

この種も仕掛けもない小さいスポンジと銅板を液体窒素で冷やして、磁石のレールの上に置くと…。

浮いた状態で高速で走ります。すごい。この仕組みは以下のとおり。

20150425_niconico_gakkai5.jpg

3Dプリンターをハックした自動ふりかけマシンもありました。ふりかけでご飯に絵を描く3Dプリンターで、キャラ弁のクオリティを上げることができますね。

20150425_niconico_gakkai2.jpg

人工知能で迷路を解いて、数秒でゴールするマイクロマウスも。最速のロボは、4秒ほどだそうです。

3Dプリンターを使ってカメラをハックした作品も展示されていましたよ。

20150425_niconico_gakkai6.jpg

3月に発売されたオリンパスのオープンプラットフォームカメラ「OLYMPUS AIR A01」をハックして、自動チルトシフト機構にした作品。どんな写真が撮れるんでしょう。

参考:オリンパス OPC Hack & Make Project

20150425_niconico_gakkai3.jpg

盛りだくさん過ぎて全部回りきれない!

今日(4月25日)に引き続き、明日もニコニコ超会議開催中。

source: ニコニコ超会議

(mayumine)