「ゲームウォッチ」をDIY、これでゲーム買い揃える手間が無くなった

「ゲームウォッチ」をDIY、これでゲーム買い揃える手間が無くなった 1

Apple Watchの話題はそろそろ飽きた? では、ゲームウォッチの話を。

ゲームボーイが登場する以前の携帯ゲーム機といえば、液晶画面が低画質で、1つの端末で1種類のゲームしか使えないものでした。当時はそれが最先端でしたが、今となってはちょっと残念な仕様ですよね。1台のゲームウォッチでいろんなゲームができたらいいのに…と、小さい頃思っていた方も多いと思います。

子どもの頃にゲームウォッチを持っていたというAndrew Hannayさんも、どうやらその1人だったよう。最近になってレトロなゲームにまた興味が出てきたということで、1台で複数のゲームができるゲームウォッチをDIYで作ってしまいました。

Andrewさんは、このゲーム機を作った方法をDIYのコミュニティサイトInstructablesに投稿しています。その投稿によると、材料はすべてeBayで揃えられたもの。ゲームウォッチ型の古いゲーム機の中身と画面を外して、代わりにUSB接続ができるPICマイコン(PIC18F4550)と、ノキアの古い携帯電話の液晶画面をはめこんでいます。

「ゲームウォッチ」をDIY、これでゲーム買い揃える手間が無くなった 2

3DSのような最新の携帯ゲーム機と比べるとAndrewさんのゲーム機はかなりシンプル。でも、子どもの頃に大好きだったゲームと同じように動いています。

また、ゲーム機に使用しているマイコンにUSBを使ってデータをアップロードできるようになっているので、1台で複数のゲームが遊べるし、自分で作ったゲームでも遊べるようになっています。これでもう、ゲームごとに新しい端末を買う必要なくゲームウォッチを楽しめちゃいますね。

source: Instructables via Technabob

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(山田まり)