「スター・ウォーズ」大ファンにサプライズのハン・ソロ型コーヒーテーブル棺!?

ファンなら一家に一台ほしい夢のコーヒーテーブルです。

Super-Fan Builds」は、数々の映像作品で活躍するティム・ベイカーさん率いる制作集団が、ファンに世界で一つだけのアイテムを作ってくれるYouTube番組です。これまでに制作されたのは、「バットマン」ファン親子のためのバットモービル型ベビーカー、「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」のグルート型のブランコ「ロード・オブ・ザ・リング」テーマの猫トイレなどなど。

今回は「スター・ウォーズ」の大ファンであるRay Choiさんのために、カーボン冷凍されたハン・ソロ型のコーヒーテーブルが作られました。しかも棺を元にしてできているので中に人が入れちゃいます。

Ray Choiさんはただの「スター・ウォーズ」ファンではなく、第501軍団のメンバーでもあります。第501軍団は2005年には日本部隊が紅白歌合戦にも出たことのある世界規模の「スター・ウォーズ」のコスプレ団体で、病院などへの慰問ボランティアなどで知られています。

カーボン冷凍ハン・ソロ型コーヒーテーブルは、木製の棺をベースに、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」でカーボン冷凍されてしまったハン・ソロを再現。でも顔部分はハン・ソロ役のハリソン・フォードさんではなく、Ray Choiさんの顔に似せて作ってあります。しかもサイドパネルは映画で見たのとそっくりな電飾仕込みです。「ハン・ソロ部分が邪魔でコーヒーテーブルとして使いにくそう」と思われるかもしれませんが、フタ部分は取り外しが可能で、(棺桶で言うと)人が入る部分の上にプレキシガラスを敷けるようになっています。

腕に覚えがある方は動画を真似て自作してみるのもいいかもしれませんね。カーボン冷凍ハン・ソロは好きだけど、コーヒーテーブルよりも仕事机がいいな、という方はこんなのもどうぞ

Andrew Liszewski - Gizmodo TOYLAND[原文

(abcxyz)