自撮り棒ならぬ「自撮り靴」という提案

まだ棒使ってるの?と。

あちこちで見かける自撮り棒。たしかに素手より楽に自撮りが可能になりますが、棒を持ち歩いたり取り出して伸ばしたりが面倒だし、片手がふさがるのが不便な場合もあります。

じゃあ、普段身に着けるものを活かしつつ、自分の顔から一定の距離を確保してカメラを固定できる何かといえば……そうだ、靴を使えばいいじゃないか!とばかり登場したのが米国の靴ブランド「Miz Mooz」の「Selfie Shoes」です。これは先端が空いた女性用のデザインで、空いた部分にスマートフォンをはめ込めば、スマートフォンカメラのシャッターを足指で操作できるようになります。撮影は動画にある通り足を高く上げて、足指でパシャっとすればOKです。

ちょっと体の柔軟性とか、手ブレならぬ足ブレを防ぐための筋力が求められそうですが、それもトレーニングと思えばむしろメリットかもしれません。このサンダルのデザインが気に入るかってのもありますが、今後対応するデザインの幅を広げていったり、場合によっては靴の先端部分だけモジュール化して、標準的な靴に取り付けられるようにしたりすればいいのかもしれません。あと気になるのは靴の汚れですが…。

…などと私と同じように真に受けて夢が広がってしまった方、すみません。こちら「Miz Mooz」のエイプリルフールネタでございました。釣られた人は、こちらでメールアドレスを登録するとMiz Moozの靴を15%オフで購入できるとのこと。

source: Miz Mooz via YouTube

(miho)