学生時代から乗り継いできたママチャリをDIY電動アシストチャリに

学生時代から乗り継いできたママチャリをDIY電動アシストチャリに 1

その手があったか!

電動アシスト自転車の駆動部はクランクモーター(ベルト/チェーンで後輪を駆動)もしくはインホイールモーターが一般的です。

パワーロス、重量増を防ぐことを重視するなら、これらの方式がいいのでしょう。でも、いかにも電動アシスト自転車然としたバイクに乗るのがイヤというなら、BikesTailのプロジェクトに注目です。

ペダル部にセンサーをとりつけることで、荷台にセットしたバッテリー&コントローラがペダリングの状況を把握。動画ではスロットルによるnotアシストな走行シーンもありますが、アシストオンリーなモードも可能です。

学生時代から乗り継いできたママチャリをDIY電動アシストチャリに 2

タイヤに駆動力を伝えるローラーがこれ。なんとなく昔の自転車ライトを思わせますが、アレの逆をいっています。モーターのパワーは250W。最高速は25km/h。そして重量は1.2kg+2kg。意外にも軽い。センサー類は取り付けておかねばなりませんが、本体&モーターの取り外しはカンタン。

ママチャリなど荷台がある自転車に限られる、後部の駆動部がフル露出など、気になる点はいくつかありますが、DIYな感覚で今までの愛車を電動アシスト自転車にできるという点はGOODですよね。

source:Indiegogo

(武者良太)