軽トラとバンを足して2で割ったよう!「ハイゼットデッキバン」がデビュー

軽トラとバンを足して2で割ったよう!「ハイゼットデッキバン」がデビュー 1

こんな車があったら、キャンプや釣りレジャー待ったなしですよね。

アクティブに使い倒せる軽バンといえばダイハツの「WAKE」がイチオシ。ホイールを外さずにロードバイクを詰める軽自動車なんてそうそうありませんし。

でも休日の行き先によっては、同じくダイハツの「ハイゼットデッキバン」もいいかもしれません。新しく登場したデッキバンGリミテッドとか、魅力的じゃないですか?

軽トラとバンを足して2で割ったよう!「ハイゼットデッキバン」がデビュー 2

軽トラックのハイゼットトラックと、軽バンのハイゼットカーゴのど真ん中を行くモデル。排気量とサイズこそ違いますが、アメ車カテゴリで人気の4人乗りピックアップトラックの文脈も兼ね備えています。

初代は1988年生まれで、もともとは冷蔵庫を縦に詰める配送車両として、当時の松下電器産業とダイハツが共同で開発した車両なんですって。

ノーマルのデッキバンとの違いは、ABS、カーオーディオ、キーレスエントリーにスモークドガラスなど。またオレンジメタリック/ブルーマイカメタリック/カーキメタリックのカラーも選べます。

source:ダイハツ

(武者良太)