盗まれたクレジットカード情報はこんなに速く出回ってしまう

盗まれたクレジットカード情報はこんなに速く出回ってしまう 1

盗まれたカード情報はどう広まっていくのか?

その疑問を調査しようと、セキュリティ会社BitGlassが行なったのは、クレジットカードとソーシャルセキュリティ番号を含んだ偽個人情報をわざとリークさせること。

リークさせた偽情報にはトラッキング可能なマークがつけられており、誰かがその情報をクリックすると研究員がチェックできる仕組みになっていました。偽情報を仕込んだエクセルファイルを、7つの闇サイト、匿名アップロードサイトにリークして獲物がかかるのを待つと…。1週間ほどは放置されていましたが、1度誰かの手にかかると、かなりのスピードで世界中に広まっていきました。

BitGlassの研究員いわく、そのスピードは呆れるくらいの速さ数日のうちに3大陸5ヶ国にて200回以上もの観覧数をヒット。12日経過時点では1,081クリックされ、5大陸22ヶ国へ広がりました。特に、ロシアとナイジェリアの犯罪シンジゲートへの大きな広がりをBitGlassは指摘しています。

デジタル犯罪においては、IPアドレスをごまかし、どこからどうアクセスしてるのかをわからなくさせているのが大抵の場合。ゆえに、この実験も正確なものとは言えず、あくまでも可能性を表しているにすぎません。それでも、どれだけのスピードで情報が広まっていくのかの目安には十分なのではないでしょうか。

source: via The Verge

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(そうこ)