これ解ける? シンガポールの学校の算数問題。大人泣かせ

    これ解ける? シンガポールの学校の算数問題。大人泣かせ 1

    さすが学力世界最高水準のシンガポールは違う!…と、頭が化石化した世界中の大人を唸らせているのがこちら。

    「国際バカロレア5年生の算数の問題」としてシンガポールのKennethjianwenさんが投稿して週末バイラルで広まったものです。噂が噂を呼んで、途中でシンガポール児童の人生最初の登竜門「PSLE(シンガポール小学校卒業試験)」の出題という話になっちゃったけど、現地メディアによると「数学五輪で出た問題。対象年齢15-17歳」とのこと。

    みなさんは解けますか?

    出題の訳

    シェリルと友だちになったアルバートとバーナード。「誕生日いつ?」って訊くと、シェリルは「次のうちのどれかだよ」と言いました。

    5月15日、16日、19日

    6月17日、18日

    7月14日、16日

    8月14日、15日、17日

    で、アルバートには何月かだけ教え、バーナードには何日かだけ教えました。

    後日のふたりの会話。

    アルバート「誕生日わからないのボクだけかと思ったら、キミもわからないんだね」

    バーナード「さっきまでわからなかったけど、今のでわかったよ」

    アルバート「まじで。ボクも今のでわかった」

    さて、シェリルの誕生日は何月何日でしょう?

    さ~答えを見る前にちゃんとロジック積み上げて考えましょね。わかってしまうと「な~んだ~」ですけど、自分の頭で考えると案外難しいな…むぅ…。以下がStudyRoomの出した解答です。

    アルバート(月を知ってる)は「バーナードもわからないんだね」と言ってるので、5月と6月は除外される。なぜなら1回しか出てこない日(19日と18日)がそれぞれあるから、もし5月か6月なら「わからないんだね」とは断言できない。

    これを聞いてバーナード(日を知ってる)も、5月と6月じゃないことはピピンときた。で、「今のでわかった」と断言しちゃってるから、両月にまたがる14日は除外される。となると、残りは7月16日、8月15日、17日。最後にアルバート(月を知ってる)が「今のでわかった」と断言しちゃえる日はひとつしかない。

    こたえ: 7月16日

    source: Kennethjianwen, StudyRoom via The Guardian

    (satomi)