ついにヘッドマウントディスプレイを使ったシミュレーターが登場

ついにヘッドマウントディスプレイを使ったシミュレーターが登場 1

映像を楽しむだけじゃないのがヘッドマウントディスプレイ

360°のCG映像はエンターテイメントとして最高に有意義ですが、やっぱり本領発揮するのは自分の操作による体験ですよね。能力向上のためのシミュレーターにとっては最高のツールになります。

そしてとうとう登場しました。東京急行電鉄株式会社の連結子会社である東京急行電鉄株式会社が、ヘッドマウントディスプレイを採用した運転シミュレーターを開発したのです。これは鉄道業界初になります。

この訓練用シミュレーターはただ単に映像を用いて研修するだけではなく、従来のシミュレーターでは味わえなかった状況がヘッドマウントディスプレイによって発揮される臨場感や緊張感をリアルに体感できます。これは現実の走行環境に近い研修をすることで、短期での習得が期待できます。

さらに、従来の機器よりもコンパクトになるため、スペースの確保や持ち出し研修などにも貢献しております。また、価格も約30%削減できるところも重要なポイントになります。

嬉しいことに、田園都市線たまプラーザ駅直結の商業施設「たまプラー ザ テラス」で開催される鉄道イベント「たまプラーザ トレインパーク」にて、このシミュレーターを体験できます。期間は、5月2日(土)~4日(月・祝)の3日間です。

これからもっと多くのヘッドマウントディスプレイを使ったシミュレーターは登場することでしょうし、そのリアルに近い中での訓練を多く体験してもらうことで人為的ミスによる事故などが少なくなることを切に願います。

そのうち、ヘッドマウントディスプレイの代わりにスマートデバイスでもゲームやシミュレーターとして遊べる日は近いかもしれませんね。

source: 東急電鉄

(okeyuhi)