ロードスターっぽいバイクにCX-3ソファも。マツダが作るインテリア

ロードスターっぽいバイクにCX-3ソファも。マツダが作るインテリア 1

なんとなく、わかる気がする!

CX-5にはじまり、アテンザ、アクセラ、デミオ、そしてロードスターにCX-3とここ数年でラインナップを一新し躍進を続けるマツダ。評価されるわけは、そのデザイン性にあるでしょう。躍動感のあるボディデザイン、ラインナップを通じて感じられる一貫したテイストなど、他にはない魅力があります。

このマツダのデザインを支えているのが「魂動(こどう)- Soul of Motion」というデザインコンセプト。この一貫したコンセプトを元にデザインをされているから、全てに共通したデザインテイストがあるんですね。

その「魂動」デザインは車だけにとどまりません。さらなる活躍の場を求めリビングに進出してきました。そう、ソファという形でです。

現在開催中のデザイン界の一大イベントミラノデザインウィークで、マツダはCX-3のデザインを落とし込んだソファ「Sofa by KODO concept」を展示。マツダのデザイナーとイタリアの家具職人の共同制作です。

150416-mazda.JPG

150416-mazda4.JPG

そのほかにもこのソファとあわせて使うテーブルや、「Bike by KODO concept」というロードスターのデザインを元にした自転車も。

どれも洗練されてかっこよく、なによりもその造形の曲線美にはどことなくマツダのデザインに通じるものを感じます。あくまでコンセプトデザインなので、販売は現在考えていないそうですが、そうなってくるとマツダも一気に海外メーカーのような一大ブランドになっていきそうですね。

source: Response , マツダ

(小山和之)