宙に浮かぶ「円盤」が光る不思議なランプ

科学に満ちたオシャレ系ランプの登場です。

Kickstarterのようなクラウドファンディングのサイトで次から次へと照明プロダクトが発表されていますが、その中でも一際輝いているLunaluxxは、家のテーブルや自分のデスク、ベッドサイドを本当にユニークでイノベーティブな空間へと変えてくれることでしょう。このランプに使われている「浮かぶ円盤」は、下の見えないところから青色LEDの光が当たると明るく光るようになっています。

まるで魔法みたいな話ですが、じつはこれ、誰もがよく知っている技術を使って魔法のように見せているだけなんです。Lunaluxxには強力な磁石が入っていて、同じ極同士が反発する力を使って円盤が空中で浮かぶようにバランスをとっています。またこの円盤には燐光体(りんこうたい)が含まれていて、青色LEDの光を当てると温かみのある白色を発光するのだそう。

LunaluxxのライトをON/OFFする方法は、ディスクを浮かべるか取り除くかというシンプルな動作。いちいちディスクをはずしてたら紛失してしまうんじゃないかと不安がよぎる方もいるかもしれません。魔法のランプが単なるモダンアートのオブジェになってしまわないよう、「OFFのときはディスクをライトの上部にうまくはめられる」とかそんな構造になっていると、うっかりさんでも安心かもしれませんね。

Lunaluxxの制作チームは彼らの夢を叶えるためにKickstarterで資金調達中ですが、7万ドルと控えめな金額が提示されています。彼らを応援したい方、このランプを予約したい方は130ドル(約1万5,000円)支援すると、2016年1月ごろ配達されるプロダクトの予約リストに入ることができます。

なかなか先の長い話ではありますが、Lunaluxx制作チームは今回のプロジェクトを現実的に製品へと落としこむためにこれだけ時間がかかってしまうと説明しています。クラウドファンディングのサイトではなかなか見かけない誠実なスタンスも含めて、とても好感度の高いプロジェクトですね。

source: Kickstarter via Ubergizmo

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rumi)