Windows 10でネットブック復活…1万円台のラップトップが続々発売か

    Windows 10でネットブック復活…1万円台のラップトップが続々発売か 1

    まわるまわるよ、時代はまわる~。

    やはり歴史とは繰り返されるものなのでしょうか? タブレットのブームにより、あの安価なミニノートPCというネットブックのブームは終焉を迎えましたよね。でも、ここにきて、海外ではグーグルのChromebookが人気を集めだしています。ということは、再び世間はキーボードつきのデバイスを求めているのでは?

    そんなChromebookの快進撃をうけて、マイクロソフトは、なんと日本円にして1万円台となる149ドルのラップトップで反撃を開始しようとしているそうですよ。Chromebookは安いのがメリットです。でも、搭載されているChrome OSは、基本的にインターネット接続を必要とするデメリットもあります。そこで、最新のWindows 10を採用したネットブックを、Chromebookよりさらにお安く提供すればいかがなものか?

    でも、なんだかこの展開ってデジャブな感じ。以前もマイクロソフトは、LinuxをOSに搭載する「Eee PC」が世に広まるのを恐れていました。そこで、マイクロソフトはWindows XPをネットブック向けに大盤振る舞いしつつ、Linuxの普及を阻止した経緯がありましたよね。今回はWindows 10で、同じようにChrome OS陣営の普及を阻もうとしているような……。

    なにはともあれ、噂されているWindows 10を採用したネットブックは、11.6インチの液晶ディスプレイを標準装備。インテル製のBay Trailプロセッサーを備えるようです。HP、エイサー、レノボ、デルなどのPCメーカーから、Windows 10リリースに合わせて新モデルが続々と発売される可能性が高いんだとか。主にインドをはじめとする発展途上の市場から投入されるとのことですけど、日本でも発売されると歓迎されるんじゃないかなぁ。だって、2万円を切る価格で、Windows 10もノートPCもいっしょに買えてしまうんですから!

    source: Gizmodo India

    (湯木進悟)