大統領選立候補のランド・ポール、動画をアップしたその日にYouTubeから削除される

大統領選立候補のランド・ポール、動画をアップしたその日にYouTubeから削除される 1

米大統領選挙に立候補している共和党のランド・ポール上院議員。しかしYouTubeにアップロードされた議員の大統領選キャンペーン動画が、その日のうちに著作権がらみの問題で削除されるということになっちゃいました。どうやらその動画に使用されているカントリー歌手ジョン・リッチさんの楽曲が、YouTubeのContent IDシステムに引っかかったようです。

大統領選に出馬するというのにこんなことになるなんて…と思ってしまいますが、現状でいったい誰の責任なのかを判断するのは難しいところです。ジョン・リッチさんの楽曲「Shuttin' Detroit Down」の著作権を持つワーナー・ミュージック・グループ、やり過ぎ感のあるデジタルミレニアム著作権法(DMCA)、YouTubeのContent IDシステムだって完璧なものではありません。きっと一番シンプルな説明は、アップデートした動画内のコンテンツの著作権を確保できているかきちんと確認せずに投稿して引っかかっちゃったということなんでしょう。

そんなこんなでランド・ポール上院議員の大統領選動画は見ることはできませんが、かわりにどんな大統領選動画よりも泣かせるミッキー・ロークさんとクリス・クリストファーソンさんが出演している「Shuttin' Detroit Down」をどうぞ。

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(abcxyz)