YouTubeキッズアプリは商業的すぎる?

2015.04.10 14:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150410toocommercializedyoutubekidsapp.jpg


YouTubeキッズアプリがリリースされたのは6週間ほど前のこと。子どもが安全に、子どもの好きなコンテンツを楽しめるようにと制作されました。が、どうやら親の評判はイマヒトツだったよう。米国連邦取引委員会(FTC)には苦情が寄せられており、どうにも内容が商業的すぎるというのです。

提出された申し立ては、12個ほどの消費者グループが共同で出したもの。アプリのコンテンツでは、司会者が特定の商品を過剰に表にだしたり、動画前後に対象のテレビ番組を見なければないないよう誘導するなど、商業的すぎるのが問題だと指摘しています。

子どもは広告への感受性がより高いとされており、ブロードキャストメディアには番組制作のうえでそこを考慮して子どもを守るよう指導がされていました。このアプリが子ども向きとされている以上、グーグルももう少し考えるべきだったのでは、という意見があがっています。

現在、担当者がメディアに対して「キッズアプリ開発にあたっては、多くの親子やグループと話し合った。今後の改善のため、フィードバックは広く受け付ける」と語った以上は、この申し立てに対してグーグルからの正式コメントは発表されていません。


image by screenshot via YouTube Kids
source: Guardian

Chris Mills - Gizmodo US[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア