1種類のカメレオンだと思ってたら、実は11種類のカメレオンだった!

1種類のカメレオンだと思ってたら、実は11種類のカメレオンだった! 1

研究者もカメレオンに騙されてました。

生物学者たちが11種の新種のカメレオンを発見しました。しかも、体の色を変えて見るものを惑わすのが上手いカメレオンらしく新種たちは学者たちの目の前に隠れていたんです。

ほとんどのカメレオンは色を変えることができますが、種類によってその色調の範囲は限られています。ただし、他のカメレオンと違いマダガスカルのパンサーカメレオンはユニークで、色調の範囲がそれぞれの生息域によって違っています。例えば、マダガスカル島の一部では、パンサーカメレオンは赤・緑・オレンジの間で色を変えますが、ほかの地域では青になる傾向があります。

この特殊な色調変化の原因を調べるため、研究者たちはマダガスカルの森の中まで調査に行き、合計324匹ものパンサーカメレオンの写真を撮ったり、少量の血液を採取したりしてきました。

研究室に戻って、DNAサンプルを配列してみたら、そこには驚きの発見が! 1種類のカメレオンと思っていたものが、実は11種類の全く違うグループに属するカメレオンだったのです。確かにパンサーカメレオンの生息域は限定的だという傾向があるとは知られていたのですが、遺伝子分析からすると、地理的に離れた系統の間での異種交配はほとんど行なわれていないようでした。

それぞれのDNA配列サンプルを該当するカメレオンの写真と比較すると、細かい色のパターンの変化からも別の種に分けることが可能だとわかりました。マダガスカルのパンサーカメレオンはもうひとつの種とはされなくなってしまいましたが、それでも共通して「研究者を混乱させる」という能力は確かに持っているようですね。

image by Miroslav.vajdic

source: Molecular Ecology

Kiona Smith-Strickland - Gizmodo US[原文

(abcxyz)