約1兆6千億円の携帯電話が日本の家庭に埋まってる…らしい

約1兆6千億円の携帯電話が日本の家庭に埋まってる…らしい 1

あらたな埋蔵金か!

ゲオホールディングスと関西大学大学院の宮本教授の調べによると、日本の家庭には使われていない埋蔵携帯電話が総額1兆6489億円も眠っているそうなんです。日本の総世帯数は5,000万世帯といわていますから、これくらいの携帯電話が眠っていてもおかしくはないのかも!? とにかくすごい金額です。

この埋蔵携帯電話の総額の計算は「一人あたりの携帯保有台数から契約携帯台数を引き、中古携帯の平均買取価格を掛けたもの」。詳しい計算方法は明示されていないのでわかりませんが、家庭に眠っている携帯電話の価値は中古市場のそれよりおそらく低いことを考えると、もしかしたらこの金額はもう少し下がるかもしれませんね。

過去にもソフトバンクが中古iPhoneを海外向けに輸出すると発表したことがあったりと、中古携帯電話はリユースすれば大きな価値を産みます。特に日本人は携帯電話をきれいに使う印象があるので、海外諸国とくらべても結構大きな市場規模になるかもしれませんね。

今月から始まったSIMロック解除サービスにより携帯電話の中古市場が活性化すれば、この埋蔵携帯電話もより活用されそうです。MOTTAINAIの精神を広めていきましょう!

image by shutterstock

source: ゲオホールディングス

(塚本直樹)