電気自動車なんて1時間でDIYできる時代に

2015.05.14 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150514osvehicle1_R.JPG


Here we go!

自動車をDIYするための方法をオープンソースで提供する『TABBY』でお馴染みのOSVehicleが、新たに電気自動車のオープンソースハードウェアプラットフォーム『TABBY EVO』をスタート。

オープンソースのため、スタートアップ企業や教育機関、自分だけの自動車を作りたい個人などなど、幅広い人々が参加できます。既に誰でも3Dデータをダウンロードできるようになっており、フィードバックを募集中。


現バージョンのTABBY EVOを構成するパーツは、Frame(Chassis)、Suspension system(Front & Rear)、Steering system、Braking system、Basic controls、Cabling (CAN bus)、Two seats、Wheels/rims/tires(15′)、Batteries (must be ordered directly from the manufacturer*)、BMS (Battery Management System)、Motor、Motor controller、DC-DC Converter、Battery Chargerの14カテゴリ。80v/15kWの電気ドライブトレインを備え、約140km走行可能で、最高速度は80mph。2人~4人乗りを想定した小型モビリティとなっています。


しかも、実物は約1時間で組み立てられるという手軽さを誇っており、実際に二人がかりで組み立ててしまう動画を公開しています。



150514osvehicle3_R.JPG


現在、プロジェクトの進捗状況は上記のよう。Idea、3D CAD Design、Prototypeと経て、FEMを用いた構造分析、動態分析、電磁場適合性テスト、シャシー疲労分析、M1タイプ-承認のための衝突テストシミュレーションなどのテストを予定中。

車両規格は、欧州規格で「L6e 例:Renault Twizy 45」「L7e 例:Nissan NMC」「M1(coming soon)例:Tesla Model S」の3種類が用意されるようで、新興国やオフロード向けに4WDも視野に入れているとか。

なお、既にα版prototypeをフランス、アキテーヌ地域圏のローカル企業に出荷しているようで、TABBY EVOをベースにしたカーシェア、観光、自治体、農業向けのものも開発中で、将来的にDIYできる超小型モビリティとして活躍しそうな雰囲気をビンビンに醸し出しています。

ちなみに、日本でも「超小型モビリティ導入に向けたガイドライン」が策定されましたが、欧州と規格が違うようなので、残念ながらTABBY EVOが日本の公道を走れるかどうかは定かではないようです。とほほ…。


source: OSVehicle

(ロバーツ町田)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • DIYリフォームでできるレトロで可愛いインテリア (私のカントリー別冊)
  • 主婦と生活社
  • 電気自動車 - 電気とモーターで動く「クルマ」のしくみ
  • 森本 雅之|森北出版
・関連メディア