パックマン「256面の怪現象」をモチーフにしたゲームが製作中

パックマン「256面の怪現象」をモチーフにしたゲームが製作中 1

世界、崩壊。

パックマンにはそんなバグがあるのをご存知でしょうか。アーケード版のパックマンでは、ステージをどんどんクリアしていき、ラウンド256に到達すると世界の崩壊が始まる。という怪現象が起こるというのです。そう、こんなかんじに。

パックマン「256面の怪現象」をモチーフにしたゲームが製作中 2

いかにもホラーな画面ですよね…。

しかし、なんと驚くことに、この崩壊した世界をテーマにしたゲームが開発中だというのです。それが、パックマン誕生35周年を記念して、開発されているスマホ用ゲーム「Pac-man 256」。バンダイナムコオフィシャルで、制作はクロッシーロードを作ったHipster Whale。

トレーラー動画では、3Dになったパックマンがプログラムへと還元されていく世界から逃げつつ食いつつ。な様子が収録されています。逃げながらもちゃんと画面のドットを食べていかねばならないのでしょうか? 敵から逃げつつ、崩壊する世界からも逃げつつと、かなりスリリングなゲームになりそうですね。

公開は2015年夏を予定。今から楽しみでなりません。

source: THE VERGE

(小暮ひさのり)