一目でわかる! 発表されたて「Android M」の特徴GIFまとめ #io15

Android M」がやってきました(まだ開発者プレビュー版だけどね)! Android Payに、バッテリーを長持ちさせるためのスゴ技「ディープ・スリープ」、Google Nowもパワフルになりましたね。この記事では、アプリ・パーミッション、カスタムタブ、「Google Now on Tap」などの文字で読むだけではわかりにくいAndroid Mの新機能を、一目でわかるGIFアニメで見ていきましょう。

アプリ・パーミッション(アプリのアクセス許可)

現行のAndroid Lollipopでは、いろいろな機能へのアクセス許可がないと使えないアプリをダウンロードする際には、その項目が羅列された長いメニューが表示されます。もしそこで許可を与えない選択をすれば、アプリのダウンロードすらできません。Android Mではアプリに対して何にアクセスを与えて何に与えないのかを選ぶことができるようになります。新たなダッシュボードでは、一度許可したアクセス権を取り消したりすることも可能に。iOSはすでに持っていた機能ですが、それがAndroidにもやってきたことは喜ばしいことです。

Android Payと指紋認証

Google Walletに待ち望まれたアップデート、それがApple PayやらSamsung Payやら、他のスマホベースの支払いシステムのライバルとなりえそうな「Android Pay」です。上のGIFでは、Targetアプリを使用しての支払いで指紋認証(これも新機能)をしているところ。Android Payはクレジットカードにヴァーチャルな番号をつくり出すので、お店と直接クレカ番号をやり取りしなくてもいいんです。つまりこれなら、同じカードばかり使っている場合でも安全なはず。Android Payのローンチに合わせて70万以上の小売店がAndroid Payに対応できるようになります。

Chromeカスタムタブ

例えばPinterestのアプリから埋め込まれたリンクをタップしたとします。Android Mでは、なめらかなアニメーションとともにChromeのタブがアプリ上に登場するのです。このChromeページはアプリの上で動いており、この場合だとPinterestアプリのようなデザインになっているため、同じユーザーエクスペリエンスを保ったまま使えるんです。このカスタムタブの一番いいところは、アプリがChromeにコンテンツをプレフェッチ(例えばページ内に貼られたリンク先のデータを、リンクがタップされる前に事前に取ってくること)するようにできること。そうすると、リンクをタップしたときにはほぼ一瞬で読み込まれたように感じられるんです。気づかないうちにパソコンでのウェブ閲覧よりも、スマホでのウェブ閲覧が快適になっていっているようですね。

長押しで便利な「Google Now on Tap」

これが今日のGoogle I/O 2015で一番クールなデモだったかもしれません。「Now on Tap」というこの新機能は、ホームボタンをダブルタップしたらいつでもGoogle Nowがアシストしてくれるというもの。上のGIFでは、知り合いに映画「トゥモローランド」を見ないかとメールで誘われたところ。ここでホームボタンをダブルタップすると、Google Nowが画面下部にポップアップして、即座にその映画の評価や予告編などの情報を表示し、デバイス内のより詳しい情報を見れるアプリ(この場合映画関連アプリの)FlixsterやIMDbへのショートカットもだしてくれます。Google Nowは、予定を立てる手伝いをしてくれたり、お洒落すぎて発音できない料理の名前をちゃんと発音してくれたり、有名人の画像でやるとその名前を教えてくれるようになりました。Google Nowは急速にAndroidと他のOSとの差別化要因となりつつあるようで、Appleでさえそれを欲しがっているようです

いろいろGIFで見てきましたが、これらはGoogle I/O 2015で発表された内容のほんの一部。その他の話題はまとめ記事からどうぞ。

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(abcxyz)