Apple Watch非純正バンドのガイドライン公開。充電バンドはダメ

150505_applewatchband1.jpg

今作っていいのは、アナログなバンドだけみたい。

Apple Watchに関しては、詳しいことが発表される前から、サードパーティのアクセサリメーカーがバンドを売ろうと躍起になっていました。そして今ようやくアップル自身が、サードパーティ向けのApple Watchバンドデザインのガイドラインを公開しました。本体の詳細なデザイン図も含まれています。

150505_applewatchband2.jpg

でもそこでは、一部で期待されていたような隠し診断ポートへの接続とか、そういうことにはまったく言及されていません。むしろバンドに「磁気充電器」を組み込んじゃダメ、とはっきり書かれています。だから「外付けバッテリーになるバンド」とかそういうのは今のところ推奨されず、仮にその種のバンドを使った場合は保証の対象外になる可能性が高くなります。これで、せっかく今まで充電機能付きバンドを作ろうとしてきたのに夢を打ち砕かれた人たちがちらほらいます

Apple Watchバンドの公式ガイドラインは、9to5Macが発見したWebサイトで公開されています。バンドを本体に取り付けるときは、ラグ(接続用の部品)を使うことになっていて、それはアップルからバンドのメーカーに提供されます。

充電機能だけじゃなく、Apple Watch側面に隠された6ピンの「診断」ポートへの言及がまったくなかったのは残念です。このポート経由で、Apple Watchにないセンサーを外付けできたりしたら便利そうなのですが…。今サードパーティに対して認められているのは、ダメージ加工のレザーバンドを何パターンか作るとか、そういうレベルのようです。

ともあれ、安心して使える非純正バンドを待っている方にとって、ガイドライン公開は一歩前進でもあります。アップルはサードパーティ向けのラグの提供を「間もなく」開始すると言ってます。

source:Apple via 9to5Mac

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(miho)