グーグルの自動運転車、すでに事故を起こしていた

グーグルの自動運転車、すでに事故を起こしていた 1

完全な自動運転の実現にはまだ時間がかかりそうです。

交通事故や渋滞を改善するための重要な一歩として、自動運転車は大きく注目されています。ヒューマンエラーの入り込む余地を取り除くことで、理論的には交通事故の可能性を大きく減らすことができるはずです…が、それはまだまだ先の話みたいです。というのも、現在カリフォルニアにおいて、自動運転車の8%が衝突事故に遭遇しているからです。

9月に試験の許可を取得して以降、およそ50台中の4台が何らかの事故に遭遇しました。そのうち3台がグーグルの自動運転プロジェクトに使用されているレクサスのSUVで、最後の1台はデルファイの試験車でした。

発表によれば、4件の事故のうち2件は自動運転中に発生し、残りの2件は法律上運転席にいなければいけない運転手によって起きたそうです。高速道路交通安全事業団によると、通常の車の走行距離10万マイル(約16万km)あたりの物損事故発生件数は0.3件です。それに対して、グーグルの場合14万マイル(約22万km)あたり3件の事故ということになり、発生率が高く見えます。

自動運転車が通常の車より安全な移動手段として確立されるには、当然車のほうが人間より運転がうまくなければいけません。さいわい発生した事故はどれも大事故ではなかったし、テスト中である以上まだまだ改良の余地はあるでしょう。それにグーグルが指摘したように、小さい衝突事故は報告されずに当事者同士で解決されるため、自動運転車の事故発生率と国全体の平均の差は実際にはもっと小さい可能性もあります。

それにしても、50台中4台はあまりに高すぎる確率ですし、予想外のことが起こりうる不完全な町中では、自動運転の技術がどれだけ未熟であるかを再認識させる結果になりました。これからの改良に期待したいところですね。

source: Chicago Tribune

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(scheme_a)