シンガポール首相がC++で書いた数独解法コードで遊ぼう

シンガポール首相がC++で書いた数独解法コードで遊ぼう 1

さすがコーダー大国のPM!

リー・シェンロン首相がC++の数独解法プログラムを書いてネットに公開し、話題です。

そんなギークな趣味があることがわかったのは、先月、テック業界トップを前に語ったスピーチで。

一番最近書いたのは、数独解法プログラムです。何年か前にC++で書いたので、すっかり時代に取り残されてますが。子どもはふたりともMITを卒業してIT業界で働いてます。そのうちのひとりが本をパラパラめくって、「ほら、これ読めよ」って渡してくれたので、老後はあれを読もうと思ってます。

カミングアウトして吹っ切れたのか、首相はその後、コードをGoogle Driveに保存してリンクをFacebookでシェアしました。こんなコメントを添えて。

このプログラムはかなりベーシックです。DOS画面でコマンドプロンプトで実行するんです。データを1行1行入力してやると(例: 1-3-8—-6)、 解法プログラムが解き方(解き方が複数ある場合は解き方全部)を刷り出してくれます。プログラムが解法を探す上で辿ったステップの数、若干の検索データも。楽しんでもらえたらうれしいです。バグ見つけたら教えてね!

なんと初々しい。趣味をもつことはいいことだ。

ちなみに首相は、あの数学の天才を数多く輩出し、フィールズ賞受賞者が5人もいる名門ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで数学を学んだご経歴の持ち主。C++にハマる素地は充分過ぎるほどある人なのでありました。

そんなわけでみなさまもどうぞ、コーダー王国シンガポール首相のコードで遊んでくださいませ。結構面白いよ~。

source: Ars Technica

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(satomi)