先生質問! なぜCIAは国外でドローンで人殺せるんですか?

な~んて聞かれても、先生困っちゃいますよね。

ドローン誤爆でパキスタン勾留中のアメリカ人とイタリア人の人質を殺してしまったでオバマ大統領は「大統領として最高司令官として対テロ工作の全責任はこの私にある。懺愧の念に耐えない」と平謝りでしたが、肝心の表題の疑問に対する回答は4月の謝罪会見でも出ずじまいでしたね。

なぜCIAはひと様の国で空から隠密でドローン攻撃できるのか? これは大統領も答えられない難問のようです。

今回のCIAの失態も詳しい経緯は一切明らかにされていません。米国のドローン戦争は毎度そう。開始当初から国民には極秘でした。なぜなら政府はCIAの隠密工作について一切言及してはならないことになっているから。パキスタン、アフガニスタン上空のドローンの指揮権をCIAに委ねること即ち、万事曇りガラスの向こうで進められるという意味に他ならないのです。

ドローン取扱いプロトコルのメモはそのほとんどが機密指定で、国民が入手できる攻撃実行のルールに関する情報は呆れるぐらい薄いです。

アメリカ人の人質がドローンで殺されたのは今回が初めてなので、さすがにCIAの「まず撃って身元は後から確かめる」的な攻撃ルールはまずいんじゃないのってことで、極秘の戦術を非難する声も出始めてますけどね。

なぜこんなことが起こっているのか?

軍のドローンプログラムはペンタゴン(国防省)の所轄も一部ありますが、ドローン殺戮任務が集中しているパキスタンとアフガニスタン両国のミッションは未だにCIAの所轄です。 所轄がわかれていると現場に混乱を招き、情報の取りこぼしが起きる隙も生まれますよね。CIAとDOD(国防省)とではドローン攻撃の報告のルールもまったく違うので、それでますます事実関係の把握が難しくなっているという面もあります。

昨年この問題を調査した退役将軍&反テロ任務高官OBのタスクフォースに出資したワシントンDCの国際関係研究所「ヘンリー・スティムソン・センター」のシニアアソシエイト、Rachel Stohlさんはこのように語っています。

「プログラムが別々に存在するので監視は大変だ」、「情報を引き出すにしても、誰に話を持っていけばいいのかがわからない。そのせいで議会調査委員会も司法省も国民も、どこで何が起こっているのか確認が非常に難しくなっている」

まあ、ドローンを全部国防省に一本化してCIAの関与を止めればそれで内容が改善する…という単純なものでもないでしょうけど、少なくとも二股にわかれてるよりはひとつの方が現状把握はスッキリするし、CIAの手を離れれば情報の透明性が増して、政府もそう簡単にはドローン攻撃を否定できなくなりますよね。

Politicoによると、実はオバマ大統領は2年前にドローンを国防省に移管して監視を強化しようとしたのだけど、ダイアン・ファインスタイン上院議員にブロックされて、それで未だにずるずるとCIAのまま残ってるって話です。

上院インテリジェンス委員会の当時のファインスタイン委員長が反対し、ペンタゴンの権限拡大で(CIAの)対テロ戦争に負の影響が出ないことを政権に確約させる極秘の修正案を昨年度予算案に挿入したのだとインテリジェンス内部筋は言う。

それでオバマも移管が鈍ってしまった、と。まあ、もうドローンで3,000人か4,000人以上殺してるらしいので今更鈍るもなにも…ですけどね。米国スパイ防止活動の透明性を上げろ上げろと言ってるファインスタイン議員がこういうことしてるんだから政治家は奥深い…。

今回の人質誤爆も所轄はCIAでした。1月に起こって謝ったのが4月。確認に何ヶ月かかってんだか…と言われてますよ。

グッドキル

ちなみに冒頭の動画は今月公開の新作映画「Good Kill」です。腫瘍摘出手術みたいに軍事用ドローンでターゲットだけきれいに抹殺すると、グッジョブじゃなくてグッドキルと褒めるんだそうでして。

アフガンの戦地から引き上げ、ベガス郊外で週末は芝生刈り、平日はリモコン操作で人殺し、極秘で暗殺任務をこなすうち民間人をあやめ苦悩を深めていく元戦闘機パイロットをイーサン・ホークが演じています。

source: Politico, Washington Post, New Yorker, CFR

Kate Knibbs, Annalee Newitz - Gizmodo US[原文1, 2

(satomi)