GPSつきの電子リーダーという発想。今いる場所によって内容が変化する電子書籍

読書が旅の目的になりそうです。

長旅には欠かせないアイテムのひとつ、。ましてや電子リーダーなら何千冊の本を持ち歩けるわけですから、旅人にはうってつけと言えます。しかし、例えばその電子リーダーにGPSがついていたら、果たして旅はどうなるのでしょうか。

そんなアイデアを発端に、読んでいる場所によって物語が変化する、という今までにないアプリをリリースしたのは、とあるブラジルの企業。その名も「Trip Book Smiles」です。

とはいえ、現在のところ対応しているのは、 ブラジルの著名な作家であるMarcelo Rubens Paivaさんがこのアプリのために書き下ろした作品のみで、どんな物語でも場所が変化するというわけではありません。それでも、この新しい発想でさまざまな名作が生まれるかもしれませんよね。

Trip Book Smilesは、もちろんブラジル以外でもダウンロード可能。iOSAndroidに対応していますよ。果たして、日本で読んだらどんなストーリーが展開されるのでしょうかね。

source: Ads of the World via Taxi

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)