ソニー、スマブラからグランツーリスモまで映画化を計画中とリーク

150428supersmashbros.jpg

ソニーがマリオに恋をした?

昨年末にソニー・ピクチャーズが北朝鮮からのハッキングを受けて、公開予定の映画「ザ・インタビュー」が一時は上映断念へと追い込まれる事態を招いたことは、まだ記憶に新しいでしょう。あのときは映画の公開を強行するか否かで大騒ぎになっていましたけど、もっとほかにハッキングで重大な企業秘密なども漏えいしていたのでは……。

このほど北米ではWikiLeaksによって、重役のメール、メモ、PDFからPowerPointファイルにいたるまで、数々の流出情報の詳細が公開されて話題を呼んでいます。その関心の中心は政治的なものに集まっているそうなのですが、ゲーム好きな人のハートを熱くするリーク内容も発見されていますよ。

なかでもプロデューサーのAvi Arad氏を取り巻くリーク情報には興味深いものがあります。例えば、同氏が任天堂の「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズの映画化をめぐり、粘り強い交渉を続けていた様子が明るみに! マリオ、ゼルダ、ドンキーコングシリーズのキャラクターを映画に登場させるべく、5年にもおよぶ交渉がなされていたほか、同氏がマリオブラザーズのクリエイターである宮本茂氏と交渉の席で抱き合う写真まで流出中。どこまで映画化の話がまとまったのかまでは、謎ですけれど、かなり実現に近づいていたのかもしれません。

なお、任天堂の名作ゲームの映画化にとどまらず、実は自社ブランドの「グランツーリスモ」シリーズや、コナミ傘下の「メタルギアソリッド」シリーズの映画化などなど、夢のようなプランの数々が、すべてクラッキングによって暴露されてしまっています。

こうしてリークされてしまうと、いざ本当に映画化されたときの驚きや感動が薄れてしまうのは残念なところかもしれませんけど、なんとかこのまま実現させてほしいものですね。

source: ArsTechnica

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)