両腕を失ったカメ、ガジェットの力でまた歩けるように

2015.05.07 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150502kame.jpg


この簡単な車輪が彼女の新しい人生の始まりに。

90歳になるミセスTこと、このカメさんはなんと、冬眠中にネズミに腕をかじられ、両腕を失ってしまいました。彼女の飼い主はどうにかミセスTが動けるようにと、飛行機のプラモデルから車輪をとって彼女の甲羅に取り付け、彼女の第二の人生が始まりました。

飼い主のJude RyderさんはTelegraph紙にミセスTを安楽死させなくてはいけないかという状況から、この車輪でさらに寿命が何十年と伸びたことについてこう語っています。

彼女はすぐに車輪に慣れたよ! でも曲がるのと止まるのはちょっと練習が必要だったね。スピードも以前より出るようになったよ。90歳とはいえ、ミセスTはカメの世界ではまだまだ若いんだ。だからあと50年は生きるだろうね。タイヤの交換をちゃんとできればバッチリさ。

ビデオではミセスTが上手に車輪を使って歩く姿が見られます。小さなことだけれど、一つの命が伸びたっていうのはうれしいことですね。



Maddie Stone- Gizmodo US[原文
(リョウコ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ワイルド・スピード スカイミッション(オリジナル・サウンドトラック) [Explicit]
  • Atlantic Records
・関連メディア