コグニティブコンピューティングが皮膚ガンを救う?

Mugendai

コグニティブコンピューティングが皮膚ガンを救う? 1

皮膚ガンの直し方が変わるかもしれません。

アメリカでは毎年500万人が皮膚ガンの治療を受けており、その治療費は81億ドル(日本円でおよそ9900億円)にも上るそうです。その中でも悪性黒色腫はもっとも致死性の高い皮膚がんで、毎年9000人の死者を出しているそう。先日、「X-MEN」でおなじみの俳優ヒュー・ジャックマンが4度目の皮膚ガンを発症したことを発表していたのが、記憶に新しい人もいるかと思います。

どんなガンでも早期発見が大切。「無限大(mugendai)」では、IBMの開発したコグニティブコンピューティングを使用した、早期のがん診断について話しています。コグニクティブとは認知の、という意味で、コグニティブコンピューティングは、コンピューターが自ら考え学習し、さまざまなデータを統合分析するシステムのこと。

どんな名医でも腫瘍の画像データから正確な判断を下すことは困難で、「診断の正確さは病理医によって異なり、仮に機材を最新のものにし、知識と経験を可能な限り高めたとしても、75~84%だと言われて」いるそうです。人の目に加えて、学習したコグニティブコンピューティングによる高い精度の診断が、未来の医療を変えていくのでは? いや、変わるはずです。皆さんにもぜひ「無限大(mugendai)」を読んでいただきたい、そう思いました。

source: 無限大(mugendai)

(ホシデトモタカ)