NASAが生んだ横ノリ系四輪車という新しい世界

NASAが生んだ横ノリ系四輪車という新しい世界 1

ドリフト時に沸き上がるモーレツな高揚感、いつでもどこでも味わえちゃうのかー。

CMOSセンサーだったり断熱アルミシートだったりロボット掃除機だったりと、NASAが開発した技術が民間に降りてくる例は多岐にわたっています。

この月面探査機から着想した「Modular Robotic Vehicle」の技術もいつしか市販されるようになるのでしょうか。見かけはゴルフカートというかおもちゃのようですが、さすがNASA印のクルマなだけあって凄いのです。

ホイールインモーター&ドライブ・バイ・ワイヤゆえにステアリングが180度回転するんですよ。真横にだって走れます。横G LOVERにとってはご褒美すぎるでしょう。

縦列駐車だってらくちん。トラクションが抜けてスピンしているように見えてフルにコントロールできます。これぜったい楽しい。ぜったいに気持ちいい。

最高時速は64km/h、車重は900kg。コンパクトなわりには重めですが、二人乗り超小型電気自動車などでぜひとも使って頂きたい技術です。

source: NASA

(武者良太)