ストレージ、バッテリー、同期ケーブル、1台何役もこなす便利なガジェット

1台で何役もこなしてくれる便利そうな子ですね。

ストレージ代わりになって、モバイルバッテリーにもなって、コードレスでマルチコネクターの「On The Go」。

USB3.0、microUSB、アップルのLightningコネクターが本体に収まる構造で、使わない時は本体にしまっておけてスッキリ、煩わしいケーブルも必要ありません。本体の各場所から必要なコネクターをぴよっと出して、モバイルバッテリーとして、もしくはストレージとして利用することができます。

さらにUSBからLightningといった風に接続ケーブルとしても使うことができるので、普通の充電ケーブルとしての用途もこなせて便利そう。

バッテリー容量は1,000mAh、バッテリーが死にそうなスマートフォンの命をある程度救ってくれますし、ストレージ容量は32GB(130ドル、約16,000円)か、128GB(280ドル、約34,000円)となっています。

もしこの「On The Go」をiPhoneの外部ストレージ的に使いたいなら、無料の付属アプリ「OTG」アプリを使う必要があります。ほとんどのAndroidデバイスのアプリでは、接続するだけでそのままアクセスできますね。

キーリング付きで基本的なBluetoothも備えているので、On The Goをキーホルダー代わりに使えば「あれ、鍵どこにやったっけ?」という時に、スマートフォンからOn The Goの音を鳴らして場所を特定することもできます。

いろんな機能がてんこもり、ちゃんと便利に使えるかどうかはあなた次第です。

soure:On The Go

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(mayumine)