NASA火星探査機キュリオシティ、タイヤに石が挟まってもなんのその

150507curiosityswheel.jpg

コロコロしにくいの。

未知の大地、火星を行くキュリオシティですから、その道は地球の踏みならされたものとはわけが違います。予定よりもずっと長い間、火星上をコロコロとタイヤを転がして進むキュリオシティのタイヤに、大きめの石が挟まってしまいました。あらら。

ネタ元のNew Scientistによれば、NASAとしてはこれっくらいの石はへっちゃらで、キュリオシティの動きには問題ないだろうということだそう。特に対策を練らずとも、自然と落ちるまで待とうって。

キュリオシティ、タフなやつなのです。

source: New Scientist

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)