四半世紀の時を超えて、あの名レンズがリニューアル!

150511ef50-f18stm.jpg

僕も持ってました。

キヤノンが、EOSシリーズ用の交換レンズ「EF50mm F1.8 STM」を5月下旬に発売すると発表しました。

現行の「EF50mm F1.8 II」は、キヤノンEFレンズでも最安値。実売1万円以下で買える標準単焦点レンズとして、長い間親しまれてきました。僕もキヤノンのシステムを使っているときは、ボディキャップ代わりにつけていたものです。

プラスチック鏡胴でピントリングが狭く、使い勝手はいまいちでしたが、映りはお値段以上。単焦点の入門レンズとして、25年もの間発売され続けたロングセラーレンズです。

そのリニューアル版では、AF時の駆動音が静かになり、絞り羽根が5枚から7枚になったことで円形絞りも実現。鏡胴は梨地塗装で高級感が増し、金属マウントになるなど、かなりブラッシュアップされています。

価格は1万9500円(税別)となっています。実売価格は1万円前半といったところでしょうか。EF50mm F1.8よりも若干高くなってしまうかもしれませんが、それでも他のメーカーの標準レンズよりもぶっちぎりで安い。キヤノンの50mm F1.8はこうでなくちゃいけません。

このレンズがあるだけで、EOSシリーズはいいなと思ってしまいます。おそらく、このレンズもロングセラーになることでしょう。

source: キヤノン

(三浦一紀)