なんで? 浮いてる川

なんで? 浮いてる川 1

NASAのスコット・ケリー宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから撮ってツイートしたこの川、なんか浮いて見えませんか? 浮いて見えますよね。絶対、浮いてる川だと思うのです。

…あ、いや壁じゃないですよ! ビッグホーン・リバー。米ワイオミング州とモンタナ州を流れる全長22kmの、れっきとした川です。

川だったら凹んでるはずなのに、なんでまたこんなに浮いて見えるんでしょね?

これ実は「地形逆転(relief inversion)」と呼ばれる錯視で、太陽が下から射す風景の衛星写真でよく起こる現象です。人間は「太陽の光は上から注ぐ」という前提を無意識のうちに受け入れて物を見ています。そのため、「下から日が射す」状況を目の前にすると、まったく消化できなくて、それで、浮いて見えてしまうのです。

逆に言うと、たったそれだけのことなので、上の写真も180度ひっくり返して、太陽が上から指すようにしてやれば…

なんで? 浮いてる川 2

ね? 普通に谷底を流れる川に見えるんです。

Attila Nagy - Gizmodo US[原文

(satomi)