やっぱり…。都立公園でのドローンが禁止になりました

やっぱり…。都立公園でのドローンが禁止になりました 1

うまく折り合いはつかないものでしょうか?

いま最も注目のガジェットことドローンですが、その空中を自由に飛び回る機動性を懸念する声が根強くあるのも事実。そんななか、東京都が都立公園と都立庭園でドローンの利用を禁止しました。ドローン利用者が恐れていた法規制がいよいよ現実のものとなってしまったわけです。

この通知は4月28日付けで各公園に通達されました。禁止理由は落下した際の危険性。確かに数百グラム、物によっては1kg程度もあるドローンが人の上に落ちたら一大事になるでしょう。今回の法規制がいいか悪いかは別にして、導入されてもやむなしかな…という感想は率直に受けました。

大きなニュースになった首相官邸へのドローン墜落事件看板へのいたずら書きなど、ドローンによる犯罪や迷惑行為は現実のものとなっています。こういった残念な人のせいで無限の可能性があるドローンに対する規制が広がりかねないことは残念でなりません。

今後は飛行可能地域を設定しての利用に移行するのか、あるいは実験や宅配などの用途に限って市街地や公園で飛ばせる許可制になってしまうのか…。新たなテクノロジーと現実との折り合いの間で、ドローンが空中に放り出されています。

image by shutterstock

source: 東京新聞

(塚本直樹)