ソニーから、スマホ連動のLED電球スピーカーという新提案

けっこう使い勝手は良さそう。

家に帰って照明を灯すと、なんだかホッとしますよね。またリビングに流れるBGMも不思議と心を安らかにしてくれます。その2つを一つのデバイスにまとめると、こうなるんでしょうか。ソニーが発表した「LED電球スピーカー(LSPX-100E26J)」は、ちょっと家の雰囲気を変えてくれそうな予感がする不思議なガジェットです。

ソニーから、スマホ連動のLED電球スピーカーという新提案 1

まずは電球機能。口金は一般に用いられるE26口金で、電球ソケットさえあれば家のどんな場所にも設置できます。内蔵されているのは温かい電球色のLED電球。リビングやダイニング、寝室なんかにピッタリです。また付属のリモコンでは音量や電球のオンオフが可能と結構至れり尽くせりな設計。

ソニーから、スマホ連動のLED電球スピーカーという新提案 2

次に注目のスピーカー機能ですが、スマートフォンやPCとの接続にはBluetoothを利用します。対応コーデックとしてAACにも対応しているので、高音質な音楽再生が可能です。さらにスマートフォン向けの連動アプリではイコライザを調整することで、設置した照明器具や場所に合わせた最適なセッティングを詰めることもできます。

LED電球スピーカーの価格は2万3880円で5月23日発売予定。ちょっと実験的な価格な気もしますが、レストランやバー、それにおしゃれな個人宅など雰囲気をなによりも大切にしたい場所ではきっと活躍の場がありそうです。あるいはトイレみたいなスピーカーを置けない場所でも役立ちそうですね。

source: ソニー

(塚本直樹)