ワイルド・スピードのアクションを現実志向でアニメ化してみたら

7作目にあたる「ワイルド・スピード SKY MISSON」が4月に公開された、ド派手なカーアクション満載のワイルド・スピードシリーズ。ある意味その非現実的さや、やり過ぎさなんかが魅力なこのシリーズですが、それをハチャメチャなアイデアはそのままに、もうちょっとリアル志向にアニメ化したらどんな作品になっちゃうでしょうか?

*微妙にネタバレ注意*

映画を見て「こんなことやって無事に済むわけないだろ」なんて思っていた人もこのアニメーションで気が晴れることでしょう。ビルの窓からジャンプしたら軽い怪我じゃすまないだろうし、飛行機から何台もの車がパラシュート降下したらパラシュートが絡まったりもしそうなもの。もしかしたら「リアルだったら」というより「みんな運が悪かったら」と言ったほうがいいかもしれませんね。でもいくらメカニックとしての誇りがあるからといって、現UFC世界女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーさんに戦いを挑んだらいくら強面美人のミシェル・ロドリゲスさんでもボッコボコにされるに決まってます。

この動画はコミカルな動画でお馴染みのCollegeHumorによるものでした。みなさんもこんなことにならないよう運転はお気をつけて!

Casey Chan - Gizmodo US[原文

(abcxyz)