グーグルの自動運転車、恐ろしくトロいことが判明

2015.05.19 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150519google_self_driving_car.jpg


グーグルの自動運転車が今夏いよいよ公道デビューですね。さっそくシリコンビートのMatt O'Brien記者が本社そばのサンアントニオ駅前のグーグルカー開発本部屋上で記者発表で試乗してきた模様を報告してますよ。

中にはハンドルもアクセルもブレーキもなし。一緒に乗った人がボタンを押すと、車はおもむろに発進しました。万一のために、取り付ける用のアクセルとブレーキのペダルは車内に常備してます。取り付けてるうちに電柱ぶつかる気もしますけどね。あ、ぶつからないのか…わはは。

DMV(車両管理局)にグーグルが登録したテストドライバーは100人以上おり、車には必ず誰かが乗ります。グーグルカーにいきなり飛び出して様子を見るのも、このテストドライバーたちの仕事。命がけです。

グーグル自走車にはマウンテンビュー市内の3Dマッピングは全部頭に入ってます。逆に言うと「これが終わってないエリアは自律走行はできんのです」と、この道10年弱のソフトウェアエンジニアDmitri Dolgovさんは言ってますよ。へ~。

マップで道順を辿り、途中工事現場などの異変があれば、情報をただちに残りの部隊に知らせます。グーグルは100台つくるうち、とりあえず25台を地元市にアンリーシュして市民の反応を見たいとしています。

「男の子ふたりで長男は今11歳なので、あと4年ちょっとで運転免許がとれます。そこを免許とらなくて済むようにするのが僕らの目標です」

…とBusiness Insiderの動画で抱負を語るグーグル自走車開発プロジェクト総括ディレクターのChris Urmson氏。4年ですか…!

ところでこの自走車、最高時速25マイル(約40km)です。それ以上は出ません。国が定める安全装置(エアバッグなど)がついていないので、今の法ではそれ以上出せない決まりになっているのです。グーグル自走車は今春エアバッグの特許もとってるんですが、あれはうっかり人を轢いちゃったときに相手を傷つけないようにバンパーからブワッと外に出るエアバッグなので、ちょっと違うんですよね…。

40kmって結構遅いですよ。

アメリカで40kmでトロトロ走ってたら間違いなく中指立てられるレベル。しかしこのグーグル自走車がすごいのは、中指立てられてもムキになって後ろにピタッとついて追い掛け回したりしないことです。「中指立てても反応しない自走車」に地元民がどう反応するのか、やや楽しみではありますね。

この日の記者発表では報道陣と市民、都市計画の人、障害者団体の人、クロックスのつっかけ履いてボーッと見守るセルゲイ・ブリンに囲まれて緊張したのか、何センチか進んで停まり、また進んで停まりをガタピシ繰り返しました。道路だとそうでもないんですが、空き地だと誰が飛び出すか読めないみたい。

ちょっと臆病でトロいグーグル自走車が街に来ます―。

image: San Jose Mercury News
source: Silicon Beat

(satomi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アップル、グーグルが自動車産業を乗っとる日
  • 桃田 健史|洋泉社
  • Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)
  • 泉田 良輔|KADOKAWA/中経出版
・関連メディア