長時間座っていることがどれだけ体に悪いのか?

2015.05.21 07:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


なんと…。

近年のリサーチでは、1日11時間以上座って過ごす人は、1日4時間しか座らない人に比べて、早死にするリスクが40%も大きいと言われています。オーストラリアのアニメーターDuncan Elmsさんが制作したこの1分の動画で、長時間座っていることがどれだけ体に悪いのかよくわかります。

人間は座るとすぐに、脂肪を分解する酵素が90%減少、インスリン値は下がり善玉コレステロールも減少。一方で血圧はあがります。脚の筋肉で支えていた体重は首と背骨にかかり、座ることで脳の血栓ができやすくなるとも。さらに、肥満、糖尿病、心循環系の病のリスクも高まり、心臓病のリスクも2倍に。さらにさらに、乳がんも長時間座っていることが悪影響を与えてるといいます。

…たかたが1分の動画で恐ろしいほどにいろいろわかってしまいました。文章全体を太字にしたいくらい怖いことだらけ。

これを書いている今、読んでいる今も座っています…。ちょっと、立ち上がってそのへん一周してこようっと。


Luke Hopewell - Gizmodo Australia[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • adidas(アディダス) コア ジムボール バランスボール 65cm ブラック ADBL-12245
  • adidas(アディダス)
  • ショップジャパン ワンダーコア スマート
  • ショップジャパン
・関連メディア