どれだけ掘ればどれだけのダイヤモンドが採れるか、一目でわかる画像

どれだけ掘ればどれだけのダイヤモンドが採れるか、一目でわかる画像 1

がっつり掘ってもこれだけか。

ケープタウンを拠点に活動するアーティストDillon Marshさんのシリーズ作品「For What It's Worth」では、採掘の様子が一目見てわかるようになっています。地球を一体どれだけ掘ればどれだけのダイヤモンドが採れるのか、それを表したのがこれらの画像。有名な採掘場で写真を撮影し、そこから採れたダイヤの量を計算し画像に入れこみ制作されました。今回はダイヤモンドですが、昨年には銅の採掘で同シリーズ作品を発表しています。

かなり掘って掘って掘っても、採れるのはたったこれだけかって気がしますね。だからこそ、ダイヤモンドの輝きに価値があるのですけれど。

Kimberly鉱山(1874-1914):ダイヤ1,450万カラット採掘

どれだけ掘ればどれだけのダイヤモンドが採れるか、一目でわかる画像 2

どれだけ掘ればどれだけのダイヤモンドが採れるか、一目でわかる画像 3

Koffiefontein鉱山(1870-2014):ダイヤ760万カラット採掘

どれだけ掘ればどれだけのダイヤモンドが採れるか、一目でわかる画像 4

どれだけ掘ればどれだけのダイヤモンドが採れるか、一目でわかる画像 5

Jagersfontein鉱山(1871-1969):ダイヤ952万カラット採掘

どれだけ掘ればどれだけのダイヤモンドが採れるか、一目でわかる画像 6

どれだけ掘ればどれだけのダイヤモンドが採れるか、一目でわかる画像 7

source: Dillon Marsh via PetaPixel

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(そうこ)