逆転の発想。水が全然たれない傘

まさに逆転の発想。

土砂降りの中、家に帰ってきてをたたむと、必ずできるのが傘の下の水たまり。これって傘が水を受け止めてくれた結果だからしかたないのかなーとほぼ諦めがち...だったのですが、それもそうでもなくなりそうです。

逆転の発想。水が全然たれない傘 1

Kickstarterで始まったプロジェクトの「KAZbrella」は、従来の傘とは違い、逆方向にたためる傘。傘を逆にたたむことで乾いた面を外にして折りたたむことができます。

逆転の発想。水が全然たれない傘 2

そのメリットはさまざま。まず、傘の下の水たまりが大幅に減ります。これで、建物の出入口で傘をバッサバッサやって他人の顰蹙を買わずに済みますね。さらに、手元が細くなるたたみ方だから車への出入りがラックラク。車のドアの小さな隙間から傘をたたんだり開いたりできますし、さらにたたんだ傘は乾いているからシートの上に放り出しても大丈夫。ホント、メリットだらけですね。

KAZbrellaは現在プロジェクトの資金を募集しており、現時点では39ドル(約5,000円)で1本購入できる権利が手にはいります。未来の傘のスタンダードかもしれないKAZbrella、一度試してみたいものですね。

source: Kickstarter

(塚本直樹)