ウンチで走るバス、最高速度を記録

ウンチで走るバス、最高速度を記録 1

このバスの屋根には牛フン(を処理したもの)が満載。

イギリスで、ウンチを燃料とするバスが自己最高速度を記録しました。Ars Technicaによると、そのバスはベッドフォードシャーにあるMillbrook Proving Groundで、この種のバスとして最速の時速123.57kmを出したんです。

「トラックを走り抜ける光景は素晴らしかった」チーフエンジニアのJohn Bickerton氏はBBCに語りました。「まるで爆撃機バルカンみたいな音だったよ。」下の動画を見ると、たしかに飛行機的なヒュゴォォォという音を立てて疾走しています。

このバスはイギリスの超音速車Bloodhoundにちなんで「Bus Hound」と名付けられていて、牛のフンを原料とするバイオメタンをエネルギー源にしています。牛のフンはバイオリアクターで、臭いが出ないよう嫌気性消化処理されています。バイオメタンになった牛フンは圧縮・液化され、バスの屋根に取り付けられたタンクに収まっています。バスの外装はホルスタインっぽく白地に黒でペイントされています。

でもたとえば映画『スピード』を見た人なら、これよりもっと速いバスを見たことがあるはずです。映画を見ないまでも、バイオ燃料じゃないバスとしての最高速度でギネスブックに載るには、BBCいわく時速241km出す必要があります。でもこのバスは通常、最高時速90kmまでに制限されているので、それを考えれば時速123.57kmという記録はなかなか立派じゃないでしょうか。しかも燃料はエコなウンチです。

この次にすべきは、牛のウンチを燃料とするBus Houndと、これまたイギリスの人間のウンチなどを燃料とするバス、どっちが速いか競わせることですね。牛と人間、どっちのウンチがより強力なんでしょうか?

source:Ars TechnicaBBC

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(miho)