この延長ケーブルで空港での充電をもっと快適に

この延長ケーブルで空港での充電をもっと快適に 1

私たちの生活に様々な電気を使うガジェットがあふれていく中で、世界中の空港もそれに対応した設備を準備しだしています。空港利用客がスマホの充電に使えるようにとコンセントが用意されていたり、フィンランドのヘルシンキ空港にはレストランのテーブルにQi充電スポットがあったりも。

でも実際には、空いているコンセントを探すのが難しく、空いてるところを見つけたら見つけたで一人で占拠するような悪い気持ちになったりも。そんなときにはこれを機内持ち込み荷物の中に入れていけば、そんな問題も解決できちゃいます。

この延長ケーブルで空港での充電をもっと快適に 2

Blueloungeの新たなPortikoには、1.8mの延長ケーブル二つのコンセント口、そして二つのUSBポートがついています。USBポートはiPadなどのタブレットをチャージするにも十分な性能です。これで空港のコンセントを一人で占拠することもなく、使いたい人とシェアすることができますね。ケーブルも長さがあるので運が良ければコンセント付近の床に座る代わりに、空港のソファまでケーブルを伸ばして使えるかも。

この延長ケーブルで空港での充電をもっと快適に 3

米GIZMODOコメント欄からは「じゃあ普通の延長ケーブル使ったらいいじゃん」という声も聞こえますが、武骨な延長ケーブルよりこのお洒落なモノを選びたい人も居るはず。お値段は25ドル(約3,100円)、色は青と白から選べます。もちろん空港内だけじゃなくておうちでもつかえますよ。

この延長ケーブルで空港での充電をもっと快適に 4

source: Bluelounge

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(abcxyz)