グーグルマップ・Chrome・YouTube…全部オフライン利用対応へ! #io15

150529noff1.jpg

通信のいらないネットサービスの時代か…。

Google I/Oの発表のうち、もっとも私達に役立ちそうなのがこれ。グーグルマップ・Chromeブラウザ・YouTubeがなんと今後オフライン利用に対応することが発表されました。対応スマホはAndroidスマートフォンとなっています。

ちなみにこれらの機能をグーグルは「the next billion」と表現しています。その意味は発展途上国におけるインターネット利用をさらに快適なものにする、ってことみたいです。さっそく詳細をみていきましょう。

150529noff2.jpg

Google I/Oの会場では、目的地を設定したスマートフォンをエアプレーンモードに設定するデモが行われました。通常エアプレンモードでは地図機能は利用できないはずですが…なんと、まだ地図機能が動作してるじゃないですか! 目的地のアドレスや電話番号、店舗の開店時間なんかもきちんと確認できます。さらに、進行方向の矢印や音声によるナビゲーションも動作。グーグルマップよ、貴様は不死身なのか!

またYouTubeでは最大で過去2日間に見た動画を保存し、オフラインで閲覧することができます。Chromeには「Network Quality Estimator」というシステムが導入され、ネットワークの状態に合わせて検索結果やウェブページを調整し、テキストや情報を画像より優先して閲覧することができます。この辺りが途上国でのインターネット利用に役に立つんでしょうね。

150529noff3.jpg

これらのオフライン機能は途上国向けとは言われていますが、北米やヨーロッパのような先進国でも十分に役立ちそうです。日本や韓国のようにネット環境の発達した国に比べると、それらの国のネット環境は正直微妙ですからね…。

オンラインサービスがオフラインで使えるこれらの技術、なんだか大きな可能性を秘めている気がしますよ!

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(塚本直樹)