サムスン史上一番カッコイイ。GALAXY Gear丸型モデルのSDK発表

サムスン史上一番カッコイイ。GALAXY Gear丸型モデルのSDK発表 1

サムスンのGALAXY Gearの次期モデルが、初めて丸い文字盤のデザインになることは既知のとおり

同時にソフトウェア開発キット(SDK)をリリースすることも発表されました。中身はサムスンが推奨する新OS「Tizen」のようで、文字盤の縁を回転させるユーザーインターフェースは何やら良さ気な感じがします。

サムスンでしょうから、想像できるセンサーは全部搭載してくるでしょう。SamMobileによると、加速度センサー、ジャイロセンサー、心拍数モニター、圧力センサー、磁気センサーのほぼ全部盛りだそうです。またサムスン流の高解像度ディスプレイで、新しいGearは360×360(305ppi)。競合スマートウォッチのどれよりも高解像度になりそうです。

サムスン史上一番カッコイイ。GALAXY Gear丸型モデルのSDK発表 2

リリースされたSDKには、ベゼル(時計の画面の縁の部分)を回転させてアクションさせる機能が含まれているようで、これはさまざまなアプリに用途がありそうです。

用途その1: アプリに簡単に素早くたどり着くためには?

ベゼルを左や右にスクロールさせながらなぞるだけ!(デモからの想像ですが)

サムスン史上一番カッコイイ。GALAXY Gear丸型モデルのSDK発表 3

用途その2: 良く撮れた写真を詳細まで友人に見せたいときには?

スマートウォッチに表示された写真を見せるだけではなく、ベゼルを回転させれば写真が拡大される!

サムスン史上一番カッコイイ。GALAXY Gear丸型モデルのSDK発表 4

用途その3: ものすごく使いづらそうなキーボードにもなりますね。

サムスン史上一番カッコイイ。GALAXY Gear丸型モデルのSDK発表 5

こんな感じのアイデアが使いやすいものになるかどうかは、きっとデベロッパー次第なのでしょう。DJアプリがあって、スマートウォッチからDJプレイ!とかかっこよさそうですよね。

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(mayumine)