電車の時間調整ってなんで起こるの?をファミコン風に説明してくれる動画

もうイライラしない。

電車に乗っていると、たまに「時間調整のためしばらく停車します」なんてアナウンスがありますよね。特に急いでる時に聞くと「どうして後ろの電車のためにこっちが待たなきゃいけないのよ」なんてつい思いがちでした。

でも、それってどうしてなんでしょう。ニューヨーク地下鉄の公式YouTubeチャンネルが、その理由をファミコン風の動画で説明してくれていました。

何かしらの理由で電車が一本遅れると、前の電車との間隔が離れてしまいます。これを「サービスギャップ」と呼ぶのだそうです。そして、これはみなさんもご経験があるかと思いますが、遅れてきた電車はたいてい混んでいるもの。この混んだ車両に、待たされていた多くの乗客が乗り込みますから、乗降に時間がかかってさらに電車は遅延。サービスギャップはますます増加してしまうのです。このサービスギャップを分散するために、他の電車をわざと遅らせることがある、ということなんですね。

言われてみれば確かにその通りだなという感じですが、こうして動画で説明してくれると大変わかりやすいですね。これからは、電車が多少遅れても心にゆとりをもてそうな気がします。

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)