自撮り時代に最適なXperia C4、デビューです

後ろだけじゃなく、前もいい。

昔は観光地といえばカメラでバシャバシャ写真を撮る人がつきものでしたが、今はセルフィーの時代。スマートフォンの前面カメラやセルカ棒なんかを駆使して、風景と自分を写真に収めるのに夢中です。そんな時代の最適解かもしれない、前面カメラに力をいれた新スマホ「Xperia C4」が登場しました。

150407nxperiac4.jpg

Xperia C4の前面カメラは500万画素のExmor R for mobileセンサーを搭載。画角も25mmのワイドアングルで、自分や友達、風景を美しく写真に残すことができます。加えてフラッシュがソフトLEDだったりHDR撮影が可能だったり…と、画素数が小さめなことを除けば背面のメインカメラに全く見劣りするところがありません。むしろ、SNSへのアップロードを考えればこれくらいの画素数のほうが扱いやすいかも!?

今じゃスマートフォンの背面カメラの画素数は1,000万画素超えなんてのも当たり前になりましたが、前面カメラはなぜか微妙なものが多かったんですよね。ミドルレンジ機にパワフルな前面カメラというXperia C4は普段使いを強く意識したナイスな構成といえそうです。

その他のスペックは5.5インチのフルHD解像度ディスプレイに64ビットのオクタコアプロセッサ、1,300万画素の背面カメラ、大きめの2,600mAhバッテリーなどなど。OSはAndroid 5.0です。いまどきのミッドレンジスマホってこんなにスペックが高いんですね~。十分余裕でメイン機として使えそうです。

カラーはホワイト、ブラック、ミントの3色。シングルSIMとデュアルSIMの2バージョンが登場し、発売時期は6月初頭となっています。ミッドレンジ機のXperia C4は日本ではお目にかかることはないかもしれませんが、ついつい欲しくなってしまう魅力的なスマートフォンに仕上がっていますね。

source: Sony

(塚本直樹)