子どものときに知っていれば...。アメリカで年俸1300万円を超えるテック系職業

子どものときに知っていれば...。アメリカで年俸1300万円を超えるテック系職業 1

さすがアメリカって感じですね。

アメリカのIT企業Mondo給料の高いテック系職業をどどーんと発表しました。地域間で差があることも多いため、平均給料ではなく給料の範囲にもとづいてます。

最も年俸が高かったのはチーフセキュリティオフィサー(セキュリティ最高責任者)で約1800〜2630万円。同じセキュリティ関連ではIS(情報システム)セキュリティマネージャーの名前もあがっています。

チーフセキュリティオフィサーの次はチーフデータオフィサー。年俸はだいたい1760〜2460万円。同じくデータを扱うBI(ビジネスインテリジェンス)開発者も約1600から2100万円となっています。大量のデータを簡単に集められる時代からこそ、分析できる人のニーズが高くなってるんでしょうか。

開発者のなかでは「Scala」の開発者が約1410〜2180万円で1位に。さすが次のJavaともいわれる注目の言語ですね。iOS(約1640〜2140万円)やAndroid開発者(約1610〜2130万円)をばっちりおさえてます。ほかにもUI/UX開発者(約1350〜2120万円)やアプリケーションアーキテクト(約1610〜2150万円)など、アプリ開発まわりの仕事がたくさんあがってます。

地域によって違うとはいえ、どれもとても魅力的な給料。サンフランシスコがすべての学年でコンピューターサイエンスの授業を行なうと決定したのもうなずけるかも。

source: Business Insider

(Haruka Mukai)